口座残高を、チャート分析する

どうも、たいやんです!

突然こんなことを言われて、頭に「?」を浮かべている方が大半だと思います。

ですが、チャート分析の基礎を深く理解している人にとっては、そこまでぶっ飛んだような話ではなく、むしろ当たり前な話かもしれません。

途中、少し難しい話も入ってきますが、実践的な方法についてはなるべく簡潔にわかりやすく伝えられるように頑張ります😄

今回の記事を読み終えたころには、

チャート分析を自分のトレード結果の分析に応用し、

無駄な連敗や油断をなくす、今すぐに取り入れることのできる方法

を習得できるようになるので、頑張ってついてきてくださいね!



ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑



口座残高の推移は、チャートで表すことができる。

為替相場のチャートって、どんな要素で構成されていますか?

答えは、

「価格」と「時間」

ですよね。

縦軸が価格、横軸が時間で、レートをグラフ化したものがチャートです。

ですから、口座残高の推移も、価格軸・時間軸を同じように取って、自分のトレードの結果をグラフ化すれば、同じようにチャートになりますよね。

チャートって、そもそもなにで動くの?

この質問を問いかけられて、すぐに答えられますか?

自然災害?金利政策?重要人物の発言?

いろんな回答が出てくるかもしれませんが、答えは、

「欲や恐怖などの投資者の心理」

これに尽きます。

仮に自然災害が起こったとしても、だれも取引をしなかったら、価格は動きませんよね。

FXは、

「金利が上がった」

などといった理由のみで価格の変動をすべて説明できるような単純なゲームではないんです。

口座残高の推移は、チャート分析できる。

さっきまでの話を聞いて、感の鋭い方は気づいたかもしれません。

「じゃあ、口座残高も一緒じゃね?」

その通りでございます。

口座残高の推移も、投資者であるあなたという人間の

「欲や恐怖などによって下した決断の積み重ねを反映させたもの」

であることに間違いないですよね。

ですから、

「口座残高の推移もチャート分析できるよね」

という考え方に至るのは当然のことなんです。

チャート分析の考え方を用いた現実的な結果の改善法3選

ここまでの話を踏まえて、これからは実践的な話をしていきますね。

大きな連勝や爆益の後は要注意

価格の急騰の直後というのは、高確率で急落が来ます。

チャート分析でこの現象を説明するとすれば、

「目標値となる押し目が途中にないから、急騰を作った安値まで急落しやすい」

といったところでしょうか。わからなかったらスルーしていただいても構いません。

これを自分の結果の分析に当てはめれば、

「連勝して、資金を増やせるようになった時、調子に乗ると危ないよ!」

ということです。

ですから、連勝のあと、調子に乗って取引するロット数を大幅に上げたり、監視する通貨ペアを増やしすぎたりしちゃマズいのです。

一回の負け回数を決める

チャートは、下落時の方が

「欲や恐怖がより強く働く」

ため、早く動くと言われています。

そして、口座にある金額の推移に同じような傾向があらわれることは、なんとなく想像できますよね。

ゲームで負けると、ムカついて連敗の沼にハマるというのは、経験されたことのある方が多いのではないでしょうか?

賢いあなたなら、FXで同じようなことをしてはいけないことくらいはわかりますよね😅

ですから、

「1日の最大負け回数・最大負け金額」

をあらかじめ決めておきましょう。

例えば、

「1日に2回負けたらその日は終わり!」

「1日に元の資金の10%負けたらその日はトレード禁止!」

などといったルールを作るのです。

そうすれば、無駄な連敗を防ぐことができますよね。

負けが長期間続いたら、あえてトレードをしない期間を作る

これは、かなりの人にとって勇気のいる行動です。

ですが、逆にこのような行動をとれる方は、間違いなく

「1割の勝者」

になれる存在です。

このトレードをしない期間に、自分の今までのトレードを振り返り、精神的休養を取ります。

ちなみに、これがチャート分析を用いることでも有効であることが説明できます。

簡単に言うと、

「チャートに引ける下降のトレンドラインは、時間軸に対して不利に働くから、価格が動かなければ自然とブレイクし、上昇の優位性が高くなる」

ということですが、わかりづらいと思うので、図を見てください笑

トレードから一旦身を引くことの優位性は、実はこういったところでも確認できるのです。

まとめ

今回は、ちょっと変わった視点でメンタル的なことについて話してきました。

こう考えると、やはりチャート分析って、奥が深いですよね。

こういったことに面白さを感じていただけて、さらに結果も改善するのなら、僕にとってこれ以上の喜びはありません😁



チャート分析って面白いじゃん!と思った方、クリックしていただけると投稿頻度が上がります!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑