市場別の時間帯、意識していますか?

FXにおいて、「東京時間」や「ロンドン市場」などといった単語をよく耳にしますよね。

ですが、これがどういうものなのか、どういった特徴があるかをしっかり把握している方は、意外と少ないのではないでしょうか?

今回は、そんな市場別の時間帯について解説していきます。



ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑



FXは24時間動き続ける

FX市場は平日週5日・一日24時間開いています。

なので、日本が祝日でも、海外市場が開いていたら通常通り取引ができます。

これが、FXの特徴であり、メリットでもあります。

しかし、必ずしも24時間常にチャンスがあるとは限りません。

それぞれの時間帯には、それぞれの特徴があり、その特徴と自分の生活スタイルなとを考慮して、取引する時間を決めるべきです。

そのためにも、時間帯ごとの特徴をしっかりと理解しておきましょう。

FXにおける時間帯

24時間の中でも、「ウェリントン時間」「東京時間」「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」などと呼ばれる時間帯があります。

これはあくまでも、「その地域で取引が活発な時間帯を表しているだけ」なんです。

意外なことに、明確な区切りはないんです。

「○○時くらいから○○時くらいまでが、○○○時間」

という感じです。

そして、これらのなかで最も取引が活発で、よく取り上げられる「東京時間」「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」について、これから解説していきます。

東京時間

およそ8時から16時の間は、東京時間と呼ばれます。

その日の取引が徐々に活発になり始めるのが、この時間帯です。

この時間帯において大事な単語を二つ紹介しましょう。


簡単に言うと金曜の終値と月曜の始値の差のことを言います。

FX市場が開いていない土日の間に価格変動が起こることで発生します。この窓によって大損をしないためにも、週末に決済しておいた方がよいでしょう。

また、「窓埋め」と呼ばれる、窓によって作られた乖離を埋めようとする動きをしやすい傾向にあります。

これは結構有名なので覚えておきましょう。


仲値(なかね)

銀行などの金融機関が外国為替取引をする際に基準とするレートのことを言います。9時55分のレートを参考にして各銀行がその日の仲値を決め、これに手数料を上乗せしたものを取引用に提示します。仲値の発表の時間に向けて取引が活発になる傾向があります。

正直僕は東京時間はトレードをしないので、意識したことはほとんどありませんが、もし東京時間にトレードするのであれば、一応理解しておきましょう。

ロンドン時間

およそ16時から26時(冬時間であれば17時から27時)は、ロンドン時間と呼ばれます。

取引が最も盛んになる時間帯で、東京時間から流れが変わることもしばしばです。

なので、東京時間の間にポジションを持っていたら、ロンドン時間前に決済しておくべきでしょう。

ちなみに、

夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日

冬時間:11月第1日曜日~3月第2日曜日

です。どこかにメモしておきましょう笑

ニューヨーク時間

およそ21時から翌日6時(冬時間は22時から翌日7時)は、ニューヨーク時間と呼ばれます。

ロンドン時間に次いで取引量が多いです。

この時間帯は、経済指標の発表などが重なり、ファンダメンタルズ的要因で価格が動きやすいという特徴があります。

特に、毎月第1金曜日(第2金曜の時もある)の午後9時半(冬時間は午後10時半)に発表される米国雇用統計はかなり注目され、予想できないような急騰・急落が起きたりするので、発表前にはポジションを手仕舞っておくようにしましょう。

まとめ

今回はそれぞれの時間帯の特徴について話してきました。

特に短期トレードをする方にとっては、かなり重要な概念になります。

しっかりと理解しておきましょう😁



参考になったという方、クリックしていただけると投稿頻度が上がります!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑