9割は、負け組

このタイトルを見て、どう感じました?

「うわぁ、まじか・・・」

と思ったかもしれません。

ただ、僕は、

「その他1割に入るだけで勝ち組になれるのか!」

って思いました。今までの経験上、上位1割に入ることはかなりイージーでしたし、実際いろんなジャンルで余裕で達成してきましたから。

それに、この記事を見ているあなたも、知らないうちに「その他1割」になった経験をしていると思いますよ。


だって、想像してみてくださいよ。

学校の部活で例えれば、なにも大会で優勝しろなんてことは要求されていません。

ただ、レギュラーになっただけでミッションクリアです。


しかも、FXで負けている人の大半は、何も勉強せず、FXのことを理解しないまま大損して退場しているような人たちで、この記事を読んでいるあなたはすでに大きくリードしている立場なんです。

勝ち組、行けそうですよね!

しかも、負け組の9割の人間には、共通点があるんです。

もしその共通点が分かれば、負け組になるような行動を避け、自然と勝ち組への道のりを着実に歩めるようになる気がしませんか?

今回はそんな負け組の共通点についてお話していきます。



ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑



負け組の共通点

共通点① プロスペクト理論

FXにおいて負け組となる理由の大部分に、人間の心理を解明した理論のひとつである「プロスペクト理論」が関わっています。

詳しいことはこの記事で説明していますが、簡単に言うと、

「人間は、確実に勝ちたい・損は減らす可能性に賭けたいという思考が働く」

というものです。

FXにおいては、

「利益が少し出たらすぐに利益を確定する」

「含み損を負ったら、その含み損が減る・含み益になることを期待してポジションを手放さない」

という心理が働きやすくなります。

感のいい方ならお分かりかもしれませんが、プロスペクト理論は、

「損大利小(そんだいりしょう)の最大の要因」

であり、

「FXで負ける最大の要因」

なのです。コツコツ勝ったとしても、負けたときに大損して、結局FXをやめるという選択をとるしかなくなってしまうのです。

共通点② 物事を短期的にしか見れない


これは、人生レベルですごく大事です。

先ほどのことは、FXで失敗する程度のことですが、これについては理解していないと最悪の場合人生を壊してしまうかもしれません。

FXにおける最悪のパターンは、

大金を短期間でほしい→FXに資産全額をぶっこむ→一瞬で溶かし、多額の借金をして再挑戦→一瞬で溶かす→人生終了

ですね😅

このパターンについてはいろいろツッコミどころがありますが、多くの方が、

「FXを始めればすぐに稼げる」

と勘違いされるようです。

何事も、始めたてから熟練のプロと同じ世界で戦えるわけがありません。野球経験なしのド素人が次の日に大谷翔平の剛速球を打ち返すくらい無理な話です。

最初は少額で、経験を積む・FXを学ぶことに全集中しましょう。

具体的にどれくらいの金額で始めればよいかは、こちらの記事で解説しています。

始める金額で迷っていたら、FXで大きく損をしないためにも、読んでおいてくださいね😉

共通点③ 失敗したら、すぐ諦める


何か成功を収めようとするうえで、このことは大切になってきます。

例えば、仮にあなたが体型にコンプレックスがあり、ダイエットに挑戦するとするじゃないですか。

そして、3日間頑張ったけど、思った結果が出なくてあきらめ、暴飲暴食で体重がもとに戻ったら、それは何もやってないことと一緒ですよね😅

本人が何と言おうと、何も成し遂げていないことには変わりはなく、残るのは、

「自分はこんなこともできないんだ」

という無力感のみです。

誰でも失敗はたくさんしますが、失敗するのとあきらめるのとでは根本的に違います。

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

というエジソンの言葉を知っている方は多いかと思います。

失敗から学べば、それは成功への道のりの過程の一部になりますが、失敗して諦めれば、それは可能性を消す行為になります。

失敗した人間は、あきらめたから失敗なわけであって、あきらめない限りは誰でも成功者なのです。

まとめ

今回は、FXにおいて負け組が9割いるという事実と、その負け組の心理について話してきました。

FXの負け組の思考を理解すれば、あとはその思考に反することを繰り返すだけです。

勝ち組になる覚悟ができたら、あとは突き進むのみですよ😁



やる気が出てきた!という方、クリックしていただけると投稿頻度が上がります!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑