チャートにはりついてない?

今回は、初心者の方が特に陥りやすいことについて話していきます。

自分も始めたてのころは、チャートが気になって仕方なくて、カフェでもトイレでも学校の授業中でも常にスマホやパソコンで値動きをチェックしていて、今考えると自分の時間を十分に取れていませんでした😅

同じような悩みを持っている方は多いと思いますので、そういった人に向けて、トレーダーの在り方について話していきます。



ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑



チャートに張り付きすぎても、いい結果は生まれない

実はFXというのは、チャートをずっと見てなければいけないわけでもないですし、ずっと見ていれば勝てるというものでもありません。

逆に、エントリー中にずっと値動きを見ていると、細かな値動きに翻弄され、プロスペクト理論のせいで適切な判断ができなくなります。


プロスペクト理論がわからないという方はこの記事を読んできてください!

   クリックしてプロスペクト理論についての記事を読む

FXで勝てるようになるために、プロスペクト理論の理解は必須ですよ😄


トレーダーの在り方

具体的に、どのように相場と向き合っていけばよいのかについて、今までの経験を踏まえて話していきます。

トレード以外の生活の要素も大事にする

これ、一番大事かもしれません。

もちろんFXに対して全力で取り組んでほしいのですが、全力を出すためにも、他のことをおろそかにしてほしくはありません。

健康に気を使ったり、家族や友人との交流を深めたり・・・

そういった日常生活を大切にすることで、心に余裕が生まれ、短期間で最大限の力を発揮できると確信しています。

決して怠けていいとは言ってませんよ笑

トレードする時間を決める

FXは、平日なら24時間いつでも取引ができることがメリットではあるのですが、24時間チャンスがあるわけではありません。

通貨ペアによっても多少変わってきますが、基本的にロンドン時間からニューヨーク時間にかけてボラティリティが高くなる(価格の変動が大きくなる)ので、この間に時間を作ってトレードするのがおすすめです。

東京時間でも全然いいのですが、とにかく「トレードする時間を決める」ことは必ずしてください。

トレードすると決めた時間のなかでのトレーダーの在り方

トレードをする時間を決めたら、その中でのみリアル相場でのチャート分析を行うのですが、決めた時間の間ずっとチャートに張り付いているわけではありません。

僕の持論としては、

最初にチャート分析をしてシナリオを立て、エントリーポイントまでの時間をだいたい予想して、それまでは放置して他のことをするのがいいと考えています。

ぼく自身、トレーダー生活をしていて、このようなスタイルに落ち着いています。

また、エントリーしたら、(デイトレードの場合)少なくとも数十分はリアル相場を見ないでください。エントリーして、利確ポイントと損切ポイントを決めたら、ずっと放置でもいいくらいです。

トレーダーというのは、意外とリアルトレードにかける時間は少ないものです。

まとめ

ここまで、トレーダーとしてどのように相場と向き合っていくのかについて、僕の経験談も交えてお話してきました。

今まで様々なトレーダーを見てきましたが、勝っているトレーダーほどリアルトレードにかける時間は少ないです。

これをきっかけに、自分の生活スタイルを見直してくださいね😉



追記

僕のチャンネルでは、リアルトレードのエントリー前から決済までに考えていること・生活の様子などを公開しています。

宣伝のつもりでこの記事を書いたわけではないので見るかどうかは任せますが、よければ参考にしてくださいね😁

https://www.youtube.com/channel/UCns2St8yGX_-ezFyql5ZJ8Q



ためになったよ!という方、クリックしていただけると投稿頻度が上がります⤴⤴


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑