一回のリスク許容額

こんにちは、たいやんです!

今回は、多くの初心者の方が避けがちな資金管理についてのお話をします。

トレードをする人の大半が、短期間で大きな損失を負ってFXの市場から退場してしまう主な原因の一つが、この資金管理なので、すごく大事なんですよね。

その資金管理の分野で理解しておかなければいけないことの一つである、一回のトレードにおけるリスク許容額について学んでいきましょう!


※一回のトレードにおけるリスクの計算の仕方がわからないよ!という方は、こちらの記事を読んでおくと、これから話すことが分かりやすくなります!


かなり短い記事となっているため、パパッと見てきてください😉



ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑


リスク許容額の考え方

リスク許容額は、実は「いくら」ではなく「どれくらいの割合か」で考えます。

つまり、「△△円」ではなく、「○○%」ということです。

1000万円持っている人にとっての1万円と、10万円持ってる人にとっての1万円って、価値が全然違いますよね。

何千万円も持ってるような凄腕トレーダーがリスクを10万円に設定しているのを見て、100万円も持っていないような素人が真似して10万円のリスクを負ってはいけないんです。

ですから、1回負けたら何%損するのかということに注目していきます。

1回のトレードのリスク許容額の設定

1回のトレードでとっていいリスクの大きさは、必ず決めてください。

ここをあいまいにして、トレードしているときの感覚や感情に頼ってポジションの大きさを決めてしまうと、プロスペクト理論の沼にハマってしまいます。


プロスペクト理論がわからない方は、こちらを読んでください。

プロスペクト理論について解説しています。

プロスペクト理論はFXにおいてかなり重要なので、必ず理解しておいてくださいね😄


それでは、本題に入っていきましょう。

始めて間もない、あるいは自信がないとき

FXの世界は、最初から勝てるほど甘くはありません。

ですから、まずはお金を溶かさない、FX市場で長く生き残ることを意識していきましょう。

1回のリスクについてですが、この段階では元手の2%以下に抑えましょう。

個人的には1%くらいがいいかなと思います。

元手が10万円であればリスクは1000円です。

リスクを小さくして、回数をこなして、FXでお金が増えたり減ったりすることや、それに対する自分の感情に慣れていきましょう。

自分のトレードを磨き、市場から学ぶという意識を常に持ちましょう。

お金を増やせるようになってきたら

練習ソフトでの過去検証やリアルトレードを繰り返していくうちに安定的に増やせるようになったら、リスクを増やしてもよいでしょう。

ネットには様々な情報が流れていますが、個人的は10%までであれば増やしていいと考えています。

ですが、目的によって少し異なってきます。

FXの優位性を生かして、小額のお金を短期間で数倍に増やそうということであれば、1回のリスクを10%に設定してもあまり問題ないと思います。

しかし、1千万を超えるような大きなお金を運用して安定的に稼ごうとする人にとっては、10%のリスクをとってしまうと感情が動いてしまって正常な判断をできないかもしれません。

そういう時は、リスクを抑えることが賢明です。

大事なことは、リスクを増やしたときに感情が働かないことです。

少額であっても、変動するお金に対して感情が働いてしまうようであれば、リスクを少なくするべきです。

一回のトレードで20%以上のリスクを負うのはおすすめしません

先ほどは、資金を増やせるようになったらリスクを増やしてもいいと言いましたが、欲張って1回のトレードにおけるリスクを20%以上にしないでください。

より短期間で増やしたいという気持ちはわかりますが、FXをより難しいゲームにしてしまいます。

その理由について話していきます。

メンタル面

一撃で20%負けてしまうのは、メンタル的にかなり響きます。

元手が1000万円であれば、200万円です。

3連敗したら、500万円近くを失います。

想像しただけで夜も寝れませんよね😅

数学的な側面

算数的な側面というのは、そんなに難しい話ではありません。

簡単に言うと負けた分を取り返すのが、単純計算で難しくなってしまうということです。

どういうことかというと、、、

例えば、わかりやすくリスクを50%に設定したとしますよね。元手を10万円とすると、1回負けると5万円になりますよね。

今度は、5万円に減ってしまったものを10万円に戻すことを考えると、2倍にする必要があります。つまり100%ですよね。

負けたときは50%しか負けていないのに、それを取り返すためには100%も勝たないといけなくなります。

大変ですよね😅

「リスクを20%以上にはしないで!!」と言いましたが、この数字には根拠があります。

リスクが10%であれば、1回の負けを取り返すのに11%勝てばいいのですが、20%となると、1回の負けを取り返すのに25%も勝たないといけなくなります。

20%以上になると、この差をあまり無視できなくなってくるのです。

まとめ

今回は、FXにおいてかなり重要な資金管理について少し触れてきました。

まだまだ学ぶべきことはたくさんありますが、少なくとも今回のことを理解していれば数回のトレードでFX市場からの退場に追い込まれることはないでしょう。

すごく大事なことなので、必ず覚えてくださいね😉

勉強になったよ!という方、クリックで応援していただけるととても嬉しいです!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑