トレンド転換を示すチャートパターン

普通、値動きというのはどこまで上がって、どこまで下がるのかというのは人間にはわからないものです。

しかし、

「今までは上昇トレンドだったけど、このチャートパターンを形成したら下降トレンドに転換する可能性が高いよね」

「今までは下降トレンドだったけど、このチャートパターンを形成したら上昇トレンドに転換する可能性が高いよね」

というものがあります。

このトレンドの転換を示すチャートパターンのうち、めちゃくちゃ有名で、絶対に覚えてほしいものが三つあります。

今回はそれについて簡単に説明していきますね😁

ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑

トレンド転換を示すチャートパターン① 三尊・逆三尊

三尊は別名ヘッド・アンド・ショルダーと呼ばれることもあります。

三尊であれば、安値があまり切りあがらず、高値が切り下がったことでトレンドの弱まりが現れています。逆三尊であればその逆です。

また、三尊・逆三尊は場所ごとに名前がついています。図で確認しましょう😉

ネックラインは、三尊であれば安値と安値、逆三尊であれば高値と高値を結んだ直線を指します。

三尊であればこのネックラインを下に抜けてチャートパターンが完成します。

トレンド転換を示すチャートパターン② トリプルトップ・トリプルボトム

トリプルトップ・トリプルボトムは、三尊・逆三尊の「頭と肩の大きさが同じバージョン」です。

トリプルトップであれば、今まで上昇トレンドだったが、安値、高値それぞれが更新できず、買いの勢力が弱まっていることを表します。

トリプルトップ・トリプルボトムにおいても、ネックラインの概念はあります。

ネックラインは実際にエントリーするときに重要になってくるので、必ず覚えておいてくださいね😁

トレンド転換を示すチャートパターン③ ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトムはトリプルトップ・トリプルボトムと考え方は一緒で、山や谷が3つから2つに減ったものです。

この場合、ネックラインは傾きのない直線になります。

まとめ

今回は、チャートの反転のパターンについて、めちゃくちゃ簡単に解説しました。

パターンの詳しい話や実践への応用の仕方はまた別の機会に話しますね😁

他にも一応反転のパターンというのはあるのですが、すべては本質的に今回挙げたものと同じようなものです。

ここまで取り上げたものは、超頻出なので、必ず覚えてくださいね😉



ためになったよ!という方、クリックでの応援よろしくお願いします!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑