プロスペクト理論を知らないと、かなりヤバいです。

FXにおいて、トレーダーの9割は負けると言われています。

その最大の原因の一つが「損大利小」です。

今回はその原因と、解決策について話していきます。


ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑

・プロスペクト理論

突然ですが、あなたに二つの質問をさせてください。

二択です。AとBのどちらを選ぶか、あまり考えずに直感で答えてくださいね😄

問1

A:100%の確率で50万円もらえる。

B:50%の確率で100万円もらえ、50%の確率で何ももらえない。

問2

A:100%の確率で50万円を失う

B:50%の確率で100万円を失い、50%の確率で何も失わない

僕が最初に知った時は、問1はA、問2はBと答えました。

そして、一般の人の大半が同じように答えたと思います。

なぜでしょうか。これには、

「人間の心理は損をしたくない気持ちのほうが得をしたい気持ちより遥かに強く働く」

というプロスペクト理論が働いています。つまり、問1では

「何も得られないのはイヤ!」

という気持ちが働き、問2では

「何かを失うのはイヤ!」

という気持ちが働きます。

・人間の脳はFXで負けるようにできている

FXでは、プロスペクト理論がもろに影響してきてしまいます。

含み益が減るのがイヤだから早々と利確してしまうのに対して、含み損を持っているときはそこから流れが変わって含み益になることを期待して、「耐えろ!」とお祈りして損切が遅れてしまうのです。

この結果、含み損を持った時にその額が膨らみすぎて、ロスカットなどに遭ってしまってFXの世界で負けてしまうのです。

FXにおいて勝つためには、このプロスペクト理論を理解し、克服する必要があります。

では、プロスペクト理論を理解したところで、その解決策と参りましょう。

・解決策

・解決策①損切ポイントを設定する。

損切ポイントを置かないと、含み損が膨らんだ時に、

「取り返したい」

という気持ちが強く働き、なかなか損を確定できなくなります。

取り返しのつかない負け方をして、FX市場から撤退しなくならない状況に陥ってしまいます。

損切ポイントは必ず置きましょう。

損切ポイントの決め方は、また別の機会にお話ししますね😁

・解決策②損切ポイントは損失が膨らむ方向には絶対にズラさない

損切ポイントをズラすという行為は、完全にプロスペクト理論の罠にはまっている証拠です。

損切ポイントは損失を限定する方向にしか動かさない。鉄則です。 

・解決策③リスクリワードをよくする

リスクリワードというのは、例えば、

「損切されたときの損失が1万円に対して、利確したときの利益が2万円」

であれば、リスクリワードは1:2ですよね。

リスクリワードをよくするというのは、

「リスクに対するリワードを大きくしよう」

ということです。毎回のトレードで、必ず

「リスクが1に対して、リワードが1以上になるようにする」

と心がけましょう。

・まとめ

今回はプロスペクト理論について話してきました。

このプロスペクト理論はFXにおいてかなり重要になります。

プロスペクト理論を理解した上で罠にハマらないようにしっかりと対策を取りましょうね😉



勉強になったよ!という方、クリックでの応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑