順張りと逆張り

FXにおけるトレードの戦略は、人によってさまざまですが、全ての戦略は大きく分けて二つあります。

今回は、そのふたつについて、ポイントとともに解説していきますね😉



ランキング参加中!クリックで応援していただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑

・順張り

順張りとは、相場の大まかな流れ(トレンド)についていくようにエントリーすることをいいます。

つまり、相場が上昇トレンドであれば買い、下降トレンドであれば売りを仕掛けていくのです。

一般的に逆張りよりはやりやすいと言われています。

・順張りで狙うポイント

FXは、

「上がっているから買えばいい」

「下がっているから売ればいい」

という単純なゲームではありません。

上昇トレンドにも下降するフェーズがあります。

つまり、上がるときは直線的に上がるわけではなく、上がったり下がったりしながら上昇するのです。

では、どのタイミングでのエントリーを狙うかというと、押し目と戻り目です。

押し目とは上昇トレンドの途中の下落のところをいい、戻り目とは下降トレンドの途中の上昇のところをいいます。

もちろんすべての押し目が狙えるポイントではないのですが、基本的に順張り手法ではこういったところを狙っていきます。

・逆張り

順張りに対して逆張りは、トレンドに逆らってエントリーすることを言います。

つまり、上昇トレンド中に売りを仕掛ける、あるいは下降トレンド中に買いを仕掛けるのです。

・逆張りは、難易度が高い

はじめに言っておくと、僕は逆張りを否定しているわけではありません。

むしろ逆張りはFXの本質だと思っています。

ですが、ハードルが高いのは間違いないです。

大きな流れに逆らっているわけですから、リスク管理を徹底しないと大きな波にのまれて大損してしまいます😓

・明確な根拠を持つ

逆張り手法を行ううえで一番やってはいけないのが、

「そろそろトレンドが反転するだろう」

と思って感覚的に逆張りすることです。

基本的に、価格が「高すぎる」や「安すぎる」といったものはないと思ってください。

FXには、トレンドが反転するパターンというものがあり(別の機会に取り上げますね😄)、基本的にこのようなものを確認したうえで、他の様々な条件も基にして逆張りを行っていきます。



今回は、順張り・逆張りについて話してきました。

勝っているトレーダーは、みんな明確な根拠(手法)をもってトレードに臨んでいます。

ここまでは、そのさわりでしかありません。

FXの面白いところはこれからなので、楽しみにしていてくださいね😁



ためになったよ!という方、クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑