ローソク足の形状によるサイン

実は、ローソク足を見るだけでも様々な情報を得ることができます。

これ、基礎中の基礎の知識ですが、意外と見落としているトレーダーさんが多いみたいです😅

これだけで勝てるようになるわけではないですが、トレードの根拠として非常に役に立つので、ぜひものにしていただきたいです😄


今回は、ロウソク足の形状によるサインの代表的な例を二つ、実例とともに紹介していきますね😉



ランキング参加中!クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑

大陽線・大陰線

大陽線、大陰線はヒゲに対して実体が極端に長いローソク足のことを指します。

これらは、

「これからも同じ方向に価格が流れやすいよ」

というサインとなります。

どういうことかというと、大陽線であれば、

買いの勢い(上昇の勢い)が強いですね😁

「これからも買われやすいよ!」

というサインになります。逆に、

売りの勢い(下落の勢い)が強いですね😃

「これからも売られやすいよ!」

というサインになります。

実例もみて、理解を深めてくださいね😉

トンカチ(上ヒゲ)とカラカサ(下ヒゲ)

トンカチは、実体や下ヒゲが小さく、上ヒゲが極端に長いものを指し、カラカサは実体や上ヒゲが小さく、下ヒゲが極端に長いものを指します。

様々な呼び名があるみたいですが、僕はトンカチ、カラカサをそれぞれ単に上ヒゲ、下ヒゲと呼んじゃっています😄

トンカチは、今まで価格が上昇しているときに出現したとき、価格の流れが下落に転じる可能性が高いことを教えてくれます。

今までの上昇を抑えるほどの売りの圧力を感じますね😄

それに対し、カラカサは、今まで価格が下落しているときに出現したとき、価格の流れが上昇に転じる可能性が高いことを教えてくれます。

買いの圧力が強まっているのを感じ取れますね😃

あ、ちなみに、トンカチとカラカサは陽線であろうと陰線であろうと本質はさほど変わらないです。(長いひげが大事なので)

では、実例を見てみましょう。

理解していただけたでしょうか?



今回は、ローソク足の形状について話してきました。

サインについては上に挙げた大陰線・大陽線とトンカチ・カラカサを理解していれば充分です。

ローソク足の形状のみを見てトレードができるわけではないですが、補助的な役割として使いこなせればかなりの威力を発揮しますよ😁


勉強になったよ!という方、クリックで応援していただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑