ナンピンって何?実際どうなの?

どうも、たいやんです。

突然ですが、みなさんは「ナンピン」を聞いたことがありますか?

もし聞いたことがあれば、

「やってはいけないこと」

というイメージを持たれている方が大半だと思います。

僕も実際、ナンピンに対しては圧倒的に反対派でしたが、FXを学習していくうちに

「ナンピンは場合によっては有力な手段だ」

と思うようになりました。

今回は、そんなナンピンについて、何もわからないという方にも理解していただけるように話していこうと思います。





クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑




ナンピンとは?

ナンピンというのは、簡単に言うと、

「含み損の平均を小さくするためにポジションを追加すること」

です。

たとえば、ドル円が100円の時に1ロット買って、その後レートが90円まで下がった後に追加で追加で1ロット買ったとします。

そうすると、本来100円で買っていたのですが、買い増したことによってポジションの平均が95円になりましたよね。

このように、より有利なレートでポジションを持とうというのがナンピンにおける狙いです。

ただ、本来1ロットしかなかったポジションは、ナンピンを行ったことによって2ロットに増えてしまってるので、損失方向にレートが動けばより含み損は大きくなるというのがナンピンの難しい点です。

ナンピンのリスク

実際、ナンピンはかなり難易度の高い方法です。

というのも、様々な側面において綿密な計画を立てないでナンピンをしまくると、

一瞬で資金を溶かしてしまうからです。

大きな下降トレンドの中で何度も買い増しを行ってしまえば、含み損のポジションが増え続けてしまいますよね。

なにも理解せずに行う上ではあまりにリスクが高すぎる点で、ほとんどのFX本などでは「やってはいけないこと」として分類されます。

その点では僕も賛成で、テクニカル分析や資金管理への理解・メンタルなどの側面における自分への理解が深まっていないうちはナンピンは行うべきではないです。

そもそもナンピンをしないと勝てないというわけではないですから、無理に取り入れる必要はありません。

ナンピンってどうなの?

ナンピンは「完全に悪だ!」と考える方は多いですが、僕はそうは思いません。

もちろんナンピンを行うべきでない場合もありますが、有効になる場合もあります。

有効になる場合とそうでない場合、ナンピンを取り入れるうえで必ず守らなければいけない事項をまとめていくので、取り入れようと考えている方はぜひ最後まで読んでいってください😄

ナンピンが危険な時

上位足の短期的な反発(大きなトレンドにおける短期的な調整)を狙ったトレードでナンピンをするのはかなり危険です。

なぜかというと、時間がたてばたつほど大きな流れにのまれてしまう可能性が非常に高いからです。

調整だと思っていた下落が、実は上位足の大きな下落の波の一部である可能性も高くなってくるので、ナンピンは得策ではないでしょう。

ナンピンが有効な時

押し目買い・戻り売りで上位足の流れに従ってトレードするとき、ナンピンは結構有効です。

特に押し目や戻り目の水準があいまいな時に使うと、初動を逃すこともなく、かつ短期的な反発が深くなった時もナンピンをすることで有利に立ち回ることができるので、自分のイメージする様々なシナリオに対して対応することができます。

例えば、下位足でエントリーを考えているときに、意識されてそうな水平線があって、そこの反発は優位性がありそうだけど、できれば強く意識されてそうな移動平均線のところまで引きつけてからエントリーしたいと思ったとき・・・

水平線での反発で一旦弱めにエントリーして、そこで強く上昇すればそれで良しとし、そこから下落して移動平均線のところまで落ちたらナンピンするといった方法がとれます。

これはあくまでも一例にすぎませんが、シナリオをしっかりと立てていればこんなこともできます。

ナンピンするうえでの鉄則

ナンピンをもしするのであれば、先ほど挙げた「上位足の大きな流れに逆らわない」というのも絶対に守るべきことなのですが、他にも必ず守ってほしいことがあります

最初からシナリオとしてナンピンする可能性を考えておく

「ナンピンするシナリオをあらかじめ考える」というのは、ナンピンするうえで必ずするべきことのひとつです。

単に「下がったからナンピン」「上がったからナンピン」というのは、自分が想定できていない動きに対する感情的なリアクションであり、その大半は相場の波にのまれて資金を溶かしてしまいます

それがたまたまうまくいったとしても、優位性のある方法ではないですし、その体験がのちの大きな失敗につながってしまいます

ですから、あらゆる動きを想定して、

「こうなったらエントリーして、エントリー後にここの水準に達して条件を満たさない限りナンピンはしない」

などと計画を立てることが重要です。

何度ナンピンしても構わないが、必ず1回のリスク許容額を守ること

ここが一番大事で、はっきり言えばこれさえ守れば絶望的な失敗はしません。

みなさん、自分の1回のトレードにおけるリスクの許容範囲は決めてますよね。

(決まってなかったら今決めてください(笑)めちゃくちゃ大事です。もしわからなかったらこの記事を参考にしてください)

その許容範囲を超えたトレードは、絶対にしないでください。

要は、ナンピンを含めたエントリーのシナリオにおいて、許容額を超えるリスクを冒してはならないということです。

例えば、一回のリスク許容額が2%だとして、

・最初に2%リスクを負って、後から1%のリスクでナンピンする

これは、アウトですよね。

合計3%のリスクを負ってるわけですから。

ですから、ナンピンするときは、ナンピンするときのシナリオを立てたうえで、最初のエントリーは弱く入るべきなんです。

例えば、

・最初に1%のリスクを負って、後から1%のリスクでナンピンする

これであれば、OKです。許容範囲内のトレードをしているので。

まとめ

ここまで少々マニアックなところについて話してきました。

ただ重要なのは、自分の手法やスタイルを深く理解することです。

そのうえでナンピンと自分の手法の相性が良ければ取り入れてみるというのも一つの手ですし、そうでなければ取り入れなければいいだけです。





クリックで応援よろしくお願いします!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑