フラクタル構造って何?

どうも、たいやんです!

今回は、FXにおいてめちゃくちゃ重要な概念になる

「フラクタル構造」

についてお話していきます。

このフラクタル構造がわかれば、マルチタイムフレーム分析をより簡単に理解でき、相場をよりシンプルに捉え、優位性の高いトレードができるようになります。

これから話すことは、何度でも読み返して、必ず自分の中に落とし込んでくださいね。



ランキング参加中!今何位?


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑



フラクタル構造って何?

「フラクタル構造」とは、

ある一部分を切り取ると、それが全体に似た構造になっている

ものを言います。

例を挙げるとすると、ロマネスコというものが結構わかりやすいです。

ロマネスコは、カリフラワーの一種らしいのですが、ロマネスコの一部を拡大してみてみると、

このように同じような形が出てきます。

同じように、自然にはフラクタル構造で成り立っているものが結構あります。

そしてFXも、そのうちの一つです。

というか、FXはフラクタル構造の代表格といっても過言ではありません。

これからそんな話をしていきます。

フラクタル構造とFXの深い関係

FXがフラクタル構造であることを、実際のチャートで見てみましょう。

これは、ドル円の過去の日足を表しています。

赤い枠線のところにダブルボトムがありますよね。

そのダブルボトムの右側を時間軸を落としてみてみると・・・

お、ここでもダブルボトムっぽい形が出ています!

まあ逆三尊ととらえる方も多いとは思いますが、反転のパターンが出ていることには変わりないですよね。

ここでまた白で囲まれている部分を時間軸を落としてみてみると・・・

ここでも反転のパターンが出ていますね!

全体像は、こんな感じ↓↓

これは実際のチャートをパパっとみてテキトーに選んだので、拡大したら全く同じ形が出てくるということはなかったかもしれませんが、

相場はフラクタルである

ということはわかっていただけたのではないでしょうか。

日足は1本のローソク足を1日かけて形成し、1時間足は1本のローソク足を1時間かけて形成し、5分足は1本のローソク足を5分かけて形成するのですが、形だけを見ればすべて一緒なのです。

まとめ

今回は、「フラクタル構造」について話してきました。

このフラクタル構造を理解できれば、上位足で環境認識して下位足でエントリーポイントを探すという

マルチタイムフレーム分析の本質を理解できます。

大局の流れ・方向性を確認して、時間軸を落として相場をフラクタルにみることで優位性の高いパターンでエントリーして値幅を狙う。

これを意識できるだけで、間違いなく周りと大きな差が付きますよ😉

また、FXなどにおいて有名な「エリオット波動理論」も、このフラクタル構造と深い関わりがあるので、それはまた別の機会にお話しします!



ためになった方、クリックしていただけると投稿頻度が上がります!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑