ファスティングってなに?

どうも、たいやんです!

今回は、多くのトレーダーが取り組んでいて、最近注目されている

「ファスティング」

について話していきます。

・ファスティングとはそもそも何なのか

・どんな効果があるのか

について、自分が調べたことや、実際にやってみて感じたことを基に共有できればなと思います!



ランキング参加中!今何位?


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑



ファスティングとは?

ファスティングというのは、直訳すると

「断食」

です。

一定期間固形物をとらないことで、胃や腸などの消化器官を休ませ、体をリセットすることができます。

ファスティングのメリット

ファスティングは、ダイエット効果はもちろん、体全体の機能が改善され、スッキリして、集中力が格段に上がります。

また、

「断食で治らない病気は医者でも治せない」

ということわざがあるくらい、ファスティングは病気や体の不調を治す力があります。

ただ、

ファスティングは正しく行わないと、リバウンドや体調の悪化の原因になります。(経験あり)

基本的なことを抑えて安全に取り組むことが肝心です。

多くのトレーダーがファスティングを取り入れる理由

我々トレーダーは、その性質上どうしても一日に家に引きこもってしまうことが多いと思います。

ですが、一日中部屋にこもる、もっと言えば大半の時間を同じ体勢で過ごすような生活を続けていると、運動不足になり、血行も悪くなってしまうため、集中力が続かず、「だるい」「なんか疲れる」といった感情を引き起こしてしまいがちです。

ファスティングを取り入れることで、一度自分の体をリセットし、

「トレードに集中して取り組むことができる体」

を作り上げることができます。

また、ファスティングを正しく行う上で運動は欠かせないので、運動不足は自然に解消され、ファスティングによって消化器官や味覚が改善されることで食生活にも気を配るようになります。

トレードとファスティングは、かなり相性が良いんですね😁

ファスティングで注意するべきこと

ファスティングを失敗しないために大事なことが、

「準備食と回復食の期間を設けること」

です。

準備食・回復食のやり方についてはまた別の機会に話しますが、

断食期間よりも準備食・回復食の方が圧倒的に大事です。

準備食を怠ると、肝臓に大きな負担をかけて、断食期間の辛さが格段に上がります。

また、長く食事をしていないことで栄養の吸収が良くなっている状態で、回復食を怠ってしまうと、リバウンドの原因になります。

僕も過去に失敗した経験があるのですが、まさにこれが原因です。

当時はとりあえず痩せたくて、

「何も食べなければ勝手に痩せるだろ」

という安直な考えで、何も調べずに断食に取り組んだことがあるんです。

たしか3日ほど何も食べなかったのですが、3日目にしんどくなって諦めたあと、暴食してしまったんです。

結果は、3日間の断食で5キロ減ったのですが、その後2日でしっかり元通り😅

これを読んで、

「自分もファスティングをやってみよ!」

と思ってくれている方には、同じような失敗をしてほしくないので、

「断食前の準備食・断食後の回復食は絶対!」

ということを理解しておいてください。

まとめ

もちろん自分は断食の専門家とかではないですが、何度か経験したことがあり、この記事を書いている現在もファスティングに取り組んでいるので、その経験で感じたことや心境の変化などをこのブログで共有できればなと思っております。

また、様々な情報を参考にして、自分で試したうえで

「これは正しそうだな」

「たしかにこのやり方はすごくいいな」

と思ったことを発信していくので、いろんな情報を読み漁る時間をカットして自由な時間を増やすという意味でも、僕のブログを活用していただければ嬉しいです。



ファスティングを理解できたよ!という方、クリックしていただけると投稿頻度が上がります!!


↑↑↑クリックで応援!↑↑↑